So-net無料ブログ作成

中国の属国になりますか? [ニュース☆ヾ 何じゃらホイ?]

併合(併せて一つの国になる)ではなく、
属国(従属国)となるかを問われるのです。
命(生存権)と引き替えに。

自治が許されるならば、日本自治区が残るかも知れません。

かつて、GHQ占領下でなされたように?
いいえ、共産党という一党独裁国家による支配ですから、
GHQ占領下での公職追放や焚書以上のことが行われるはずです。
人民解放軍と共産党員その他によって、文化大革命が日本で行われることになるでしょう。

既に、国防動員法(2010年7月1日~)は施行されています。
中国にある日本企業だけでなく、日本に在る企業さえ中国(人民)の支配下におかれます。
そうなった(有事になった)とき、日本攻撃に国連の了承は不要です。
(敵国条項は今も削除されず、日本は莫大な資金を提供しながら常任理事国でもありません)

なんで、今、そんな話をするかというと、
中国内の(軍部と党の)勢力争いが激化し、抑圧された人民も爆発寸前の状態であるからです。
一発触発。何かをキッカケに、抑えが利かなくなるかも知れないからです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131101-00000029-xinhua-cn
deta1.jpg

http://sankei.jp.msn.com/world/news/131102/amr13110200300000-n1.htm
deta.jpg

米国が第二次世界大戦を経て尖閣を管理下に置き、1970年代に日本に返還したことで「(尖閣の)主権問題は事実上、決着している」


そんなことは百も承知… というより、中華思想では認められないことです。
中国の意向とは無関係に、アメリカが勝手にしたことだと考えるのではないでしょうか。

「オバマ政権が尖閣は日本のものだと明確に主張すれば、中国は引き下がる可能性がある」と強調した。


可能性はゼロではないでしょう。
それは、アメリカの傘の下で、アメリカが日本を護るという前提での話です。
けれど、中国が日本に攻撃を加え(侵略)始めたとして、
自国で国土や国民を守れない政府、(同盟国任せで)守ろうとしない(命を懸けない)国民を、
同盟国の国民は命懸けで守るのでしょうか。
よしんば、連合艦隊が出動したとして、連邦議会はアメリカ兵に命懸けで守れと決議するでしょうか?
今は、オバマ大統領の力だけでなく、アメリカの国力が疲弊している状態です。
同盟国を支援するためには、同盟国民自身の国防意識が問われることでしょう。

天は自ら助くる者を助く

問われるのは、中国でもアメリカでもなく、我々日本人なのだと思います。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 2

元気

明治時代。
日本は鎖国を解き、開国しました。

当時、欧米列強による植民地化の波が押し寄せることも覚悟しての苦渋の選択だったはずです。
植民地化から逃れるために先人がした苦労を思います。
帝国主義の波に呑まれるくらいなら、波に)乗ることを選んだといえるかも知れません。

今、TPPで、保守と言われている人々の間でも意見が割れています。
私としても、TPPに参加することは百害あって… と、考えています。
けれど、TPPに参加しない選択をすることが、百害にならないとも言い切れない。
それほど、難しい選択であると考えています。

田沼意次の提案通り、半世紀前に開国していたら…
そういう意見もあります。そうかも知れません。
けれど、松平定信の選択が間違っていたとも思えないのです。
ただ、どちらの選択をしたとしても先人は、当時一番良いと思う選択をしたのではないか。
そう、思うのです。

そして、歴史にIFはありません。


日本がTPPに参加しない選択肢があったのか。
我が国の国防には問題があります。
国家の存亡、根幹に関わる重大な問題です。

我が国は自主憲法ではない日本国憲法を最高法規としまままの国です。
国家が(GHQ製の)自主憲法でない憲法を最高法規とする。
それは、アメリカの認める範囲で自治権を認められていると考えることも出来るのです。
日本の主権の回復は、講和条約と共に締結された安保条約と対のものだからです。

とすると、中国解放軍に侵攻されれば、新たな(中国製の)憲法が定められ、中国の認める範囲で自治権を認められるという進展も想定できるかも知れません。

どこの自治区になるかの違いだけだとすると、
独立は名ばかり、大国の占領下であることでは同じになります。

維新の志士がした覚悟を多くの日本人に求められる。
歴史は繰り返す。
ふと、そんなことを思いました。



by 元気 (2013-11-07 15:26) 

 勝俣一生  永井  塚林弘樹  奥田 


東海道新幹線死傷事件 小島一郎容疑者
・靖国神社、青林堂、竹田恒泰、出雲神社 などの本を熱心に読んでいた
・新幹線にはTWICEや東方神起のイベント帰りのファンが大勢乗っていた
・最近海外企業(Youtube)に抗議の手紙を送っていた。(差別動画削除への抗議)

幸福の科学,青林堂,竹田天皇,千家,国麿,高円宮,典子,加計,森友,昭恵




 反社内閣 安倍昭恵の飲食費、交通費、滞在費が公費から拠出されていた!! 
小川榮太郎は金銭問題で揉めてウヨ業界のパトロンのすぎやまこういちから批判されて以降居場所が無くなってそれを拾ったのが花田紀凱 ウヨ業界のごみ溜めが花田
安倍が捜査に介入し、中村格に逮捕状を取り消してもらった山口敬之さん、全面敗訴してしまう! ネトウヨ芸人が全力で擁護 (生田よしかつ、小川榮太郎、花田紀凱、和田政宗)

 アメリカ 中国 トランプ 香港 ウイグル チベット DAPPI DAPPUN 安倍の下痢 イラン 読売朝日毎日産経日経 消費税 ニューオータニ 加計学園 憲法改正 ナチス 高須 曹国 GSOMIA 韓国
消費者庁幹部、警察庁ネズミ講担当課長がジャパンライフに天下っていた!
安倍 中村格 権力乱用 北村滋 横暴 釣宏志 捜査一課 秘書 ニューオータニ 慧光塾 詐欺集団 安倍洋子 神立の水 光永仁義 安倍晋三 光永正樹 カルト
「毎晩奇声をあげて・・」安倍晋三のオカルト行動を昭恵夫人が暴露!
西尾幹二 「安倍晋三は戦後最悪の首相」「膿を出し切ると言ってるが自分が膿」「昭恵夫人は白痴」
電波ウヨ芸人 深田萌絵「反日議員 足立康史が中国人スパイを救う資金集めをしている!」
無尽蔵に税金を使い 反社を招待 桜を見る会を夫婦で私物化 好き放題にやった安倍晋三容疑者、すべての説明を拒否し全力で逃げる模様
by  勝俣一生  永井  塚林弘樹  奥田  (2019-12-18 20:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます